水ナスの北野農園|大阪泉州より生産・通販 » 水なすと泉だこのドライトマトパスタ

じゅわっとジューシーな水なすとプリっとした泉だこの食感を召し上がれ!

水なすと泉だこのドライトマトパスタ

  • 炒める
  • 難易度(3段階中)  ★★
  • 調理時間 20分

材料

材料人数:4人分
水なす 1個
ドライトマト(オイル漬け) 8つ
泉だこ(ゆで) 半分
ドライトマトのオイル(なければオリーブオイル) 大さじ4
にんにく 1/2片
パスタ 320g
青ねぎ 大さじ2~

作り方

  • A
  • B
  • C
  • D
  1. 大きな鍋にお湯をわかす。水なすは1.5cm角に、泉だこは、水なすと同じくらいの大きさに切る(写真:A,B)。ドライトマトは細く切る。
  2. 冷たいフライパンにオイル、みじん切りのガーリックを入れ、中火にかけ、香りがたってきたら、泉だこ、水なす(写真:C)を入れて軽く炒め、ドライトマトを入れてさらに炒める。
  3. 沸騰した1に塩を入れ(塩辛いくらいにする)、パスタを入れ、表示されてるゆで時間マイナス1分茹で、水気を切る。
  4. パスタの湯大さじ2~3くらいを2に入れ、油分とよく混ぜて乳化させる。パスタを入れて火にかけ、ソースとからめ(写真:D)、塩、胡椒で味をととのえて皿に盛る。飾りの青ねぎ、胡椒をふりかけてできあがり。

ひとこと

軽く炒めることで、ジューシーさをよりひき出した水なすと、ぷりっとした泉だこの食感のコントラストを楽しめるパスタです。 泉だこも水なすもそのままでも食べられる食材を使っているので、時間のないときでもオススメなメニューです。 辛さを出したい場合は、とうがらしを1本そのまま、ガーリックと一緒に入れて炒めてください。

ワンポイント

水なすは生でも食べれますので、軽く油とからめるような感覚で炒めてください。 また、泉だこ、ドライトマトの塩気がありますので、塩、胡椒は味をみながら少しずつ足してください。
印刷ページへ印刷するには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない場合には左図のページからダウンロードできます。(無料)
◆レシピ考案◆
flourbee 「Flour bee*のカフェオーナー・野菜ソムリエ」  山﨑 こず恵
パンやお菓子の教室で学びつつ、バリスタとしてのスキルアップのため、シアトル系のカフェで修業後、カフェをオープン。地元の素材を中心に、野菜や果物のおいしさをもっとたくさんの方に知ってもらいたいという想いから、野菜ソムリエとして活動中。カフェのメニューでは、積極的に地元素材を取り入れたメニューを開発。また、食品メーカーのリーフレット媒体でのレシピ考案や、野菜のおいしい食べ方、おうちカフェでの演出の仕方などを提案。毎月カフェの店頭で配布しているカフェデリレシピ「Flour bee* cahier」などを発行して、お客さまとお野菜を近づける役割も担う。 ホームページ⇒http://www.flourbee.com
レシピ一覧へ
オンラインショップ