天王寺 一心寺へ貝塚極早生玉ねぎを復活させた父がひさびさに。

なにわ魚菜の会

大阪割烹界の重鎮中の重鎮と呼ばれている上野先生と、現代表の笹井さんが
大阪の伝統野菜や伝統的な食べ方を復活させようと結集された会。

知ってか知らずか、父は何十年も前からほぼ新しい品種に移行してしまっていた
玉ねぎ生産事情に逆行するかのように貝塚極早生玉ねぎの栽培を依頼され始めました。

ちょっとだけちょっとだけと、風前の灯火で続けてきた貝塚早生玉ねぎ。
それもこれも応援してくださっている料理人さんやバイヤーさんがいてくださっていたからこそ。

そんな応援団のなにわ魚菜の会に本当に久々に父が参加します。
10年ぶりくらい?かもしれません。なかなか貴重です。

グローバルへ行く前にまずは地に足付けてしっかりと日本を、大阪を勉強しないとな!と
改めて思う今日この頃です。

kaituka




水ナス生産・通販の北野農園
北野農園の水なす紹介ページ

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment