大阪農業界屈指のお二人と横一列!ATCホールでの商談会!

ブログを見てくださっている皆様ありがとうございます。

本日はJA・JFグループ近畿・四国商談会に加工部女子(年齢不詳)で参加してきました。会場はアグリフードエキスポでお馴染みの大阪南港ATCホールAホールでした。
横には泉州タマネギの射手矢農場さん、包近の桃のマルヤファームさん、JA大阪泉州さんに挟まれて私たち泉州水なすの北野農園!!前者のお二人は大阪農業界の断トツトップランナー!!私たちはまだまだ小さな農家の手仕事レベル。ええのでしょうか?この並び☆でもお二人の商談の様子も間近で見る事ができ一日とても勉強になりました。

新商品のお吸物もなか、お味噌汁もなかの展示は今回4回目?でレイアウトのみ少し手馴れてきましたよ☆お客様も予約で商談2件もいただき名刺もたくさん!今後につながる話もたくさんいただき農女子パワー全開でした☆まだまだ商品の説明や商談の進め方はうまくできず様々な方からのアドバイスありきですが、北野農園加工部これからドンドン頑張ります!明日は2018年の水なす定植作業なので日焼け対策ばっちりでのぞみます!

 




水ナス生産・通販の北野農園
北野農園の水なす紹介ページ

真っ赤な情熱!あっつ熱の葱煮!葱エネルギー全開の葱フェス参加してきました!

今日は岸和田市のC.T.L.BANKで、山形県の初代葱師 清水寅氏による葱フェスが開催され水なすの定植準備を優秀な従業員さんに一任し参加してきました!会場に着くとさっそく岸和田らしいワーワーギャーギャーな元気いっぱいの雰囲気で、受付のお姉さん二人もすでにパーティーグッズ的なものを身に着けてる状態。「思てたんとちゃう!」「葱やんな!」「いや?でもフェスていうてるから祭りや!」なかなか強引に自分を納得させ会場入り。お誘いいただいたご近所の農家さん岸上夫妻と合流させていただきました。

今日のメインの寅ちゃんねぎ。清水寅氏の「寅」の名から命名された感丸出しのインパクトのある商品名。太さ、長さ、葱の栽培面積日本一の情報に驚きつつも泉州ではなかなか無いスタイルよなぁと農家として有りか無しかを勝手に判断しつつその時点で最も驚いたのは糖度21度。水なすがマックス7度やから(←それでも茄子界ではトップクラス)その三倍か!まさか葱に3倍の圧倒的大差で負けるとは!!いやフルーツですやん。

出された餃子は200回以上の試作を重ね生み出されただけあって餃子の王将の3倍くらいは美味しいと感じるパリッと感、クセの無さで「うまいうまい」と食べてたら岸上夫妻が気を利かせてくださり3皿くらい頂いちゃいました。この後メインの葱煮があるというのに。。。

さあメインですよと司会の方のアナウンスとともに寅さんが芋煮風のお鍋に寅ちゃんねぎをボンボン突っ込んでいく様子はまるでスパゲティをゆでる時のパスタ状態。美味しそう過ぎるやん!とアウェイなので大きい声では言えませんでしたが心の中でつぶやきながら、どなたかが「食べる前に全員で写真撮りましょう!」と・・・。「いやいやはよ食べさせて」と心の中で叫びながらもアウェイなので撮影用に配布された葱を持ちカメラマンに向かってこれでもかと言わんばかりの笑顔で映らせていただきました。

葱煮を食べた感想は葱うまい!上の画像は食べる前のみなさんの笑顔ですが食べた後の顔はそれ以上でした。

清水寅氏は自身の真っ赤なユニフォーム、そして今回会場となったC.F.T.BANKのオーナーさんのエプロンに負けない真っ赤っ赤な情熱をおもちの37歳山形イケメン初代葱農家さんでした!!泉州!そして大阪の農業も情熱は負けてへんと力強く思いたい!!!!

 




水ナス生産・通販の北野農園
北野農園の水なす紹介ページ

命を育てるって楽しい!!だって人間だもの!

今日も次期園長(2年後くらい)の登場です!今日のブログは北野農園で働くメンバーの働きっぷりを少し紹介したいと思います。

北野農園で働いている従業員さんはほとんどが30歳前後もともと農業とは無縁のシティボーイや、まったく違う業界で働いていたメンバーばかりです。いわゆる農業外からの新規さん達ばかり。世間的なイメージは「苦しい・汚い・くさい・儲からない」なのになぜ北野農園にたくさん若い力が集まってくれるのか?実はそのこたえはまだはっきりと出ていません!ただどのメンバーも北野農園でずっと働くか、独立就農するなど農業界に活路を見出しています!!

夏の水茄子のハウスなんて地獄そのもの、苦しいってレベルではなく苦しすぎる程。朝なんて3時半とかに起きないとダメで、眠いってレベルではなく眠すぎるレベルです。なのに彼らは目を輝かせキラキラしています。楽しいとすら言ってくれます。

ふと思ったのは僕が農業に対して持っていた当初のイメージは「自然」「野菜」「命」とかのイメージではなく、「怖い祖父」「怖い父」「やらないといけない」などやらされているというイメージが頭の大多数を占めていました☆でも彼らは固定概念がまったくありませんでした。農業とは?のイメージが真っ白な状態でむしろ昨今のテレビの影響もあり「楽しそう」とすら感じながら入ってきてくれたメンバーもいます。だからこそやらされでもないし、種を蒔く楽しさ、育っていく過程で起こるダイナミックな変化、時に猛威を振るう自然に対し自然ってやっぱり厳しいんだという畏敬の念。野菜が見せる一瞬の美しさ。そこに怖さはありません。命と命のぶつかり合い、そして時に素直に、時にひねくれた性格で育つ野菜を見て命を育てているんだ!楽しい!!と人間レベルで感じながら働いてくれているからこそキラキラできるんだと感じています。

#大阪農業##都市型農業#大根#収穫#水なす農家#従業員さん#お客様お陰様#北野農園

A post shared by 大阪泉州 北野農園 (@osaka_kitanofarm) on

命に対する感じ方はたぶん人によって違いますが、かならず誰もが持っているものだと確信しています。その証拠に今週頭から北野農園にボランティアで来てくれている17歳の青年ですらそこに感動を覚えている姿を見ているからです。命を育てる事に対する好奇心は僕も従業員さんも当分衰える事はなさそうでまだまだ美味しい野菜を作り続けます!!

さあ明日も早く起きて田んぼへ行こう!!!仲間と共に!!




水ナス生産・通販の北野農園
北野農園の水なす紹介ページ

2018年の泉州水なすの土作り作業が始まっています^-^

こんにちは!!嫁、従業員さんの頑張りで新商品の出だし好調感に感謝感激しております。今日は次期園長(2年後くらい)がひっさびさの生産ブログ更新をさせていただきます☆何か月ぶりや!!ですが色々もろもろ諸事情があり更新できておりませんでしたが本日よりブログ元気に再開させていただきます~^-^さっそくですが画像載せているのは北野農園ブログファンにはお馴染み?の季節の風物詩堆肥作りの様子です☆ただの藁に見える堆肥は実は北野農園の水なす生産にとって、もっとも重要な要素の一つなんです!この中にはじっくりとお米とともに育った元気な微生物がびっしり。。特に菌群にいたっては何兆とかいうレベルで居てるらしいんです!もちろん見えませんが私たちはその稲わら堆肥に触れ、香りを感じることで微生物が元気に活動しているかを判断することができます。今年の稲わら堆肥は近年にないほどの出来栄え!!2018年シーズンは調子にのって何回もブログに登場しそうな予感がしてます☆何が違うのか?それは言葉で表すのは難しいのですが、現段階での藁の色、温度、湿り具合、香りがちょうどよいバランスなんです!!絶対美味しい水なすできますやん!!ここからもう少し時間をかけて醗酵し実際に水なすを植えつけする田んぼへ移します☆ブログ再開万歳!!!




水ナス生産・通販の北野農園
北野農園の水なす紹介ページ

北野農園なす吉 LINEスタンプ登場しました!!!

皆様こんにちは、以前ご案内させていただいたおりましたLINEスタンプがご利用可能になりました!!!

ご存知の方は「お漬かり茄子って」の商品でおなじみの、なす吉君です。

農業感も含めつつ制作させていただきましたので、その点も楽しんで頂けるかと思います。

 

お漬かり茄子っては名前を変えパッケージも変わってしまった為

あのかわいらしいなす吉君を懐かしんでくれる皆様、

今まで全く存在すら知らなかった皆様、

皆様どうぞ下記のリンクよりご覧になってみてください!!

LINE スタンプ 北野農園 なす吉

 

 




水ナス生産・通販の北野農園
北野農園の水なす紹介ページ

1 / 32712345...102030...最後 »